ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  資格の種類や資格取得のメリット  > 国家資格と民間資格


国家資格と民間資格

資格は、大きく分けると国家資格と民間資格とに分類することができます。
ここでは国家資格と民間資格について、まとめてみます。

国家資格は、国による試験等を行い、個人の知識や技能が一定の水準に達していた場合、特定の業務にあたる資格を与えられるものです。
国家資格と民間資格との最も大きな違いの一つに、国家資格は法律に基づいているということがあります。

この国家資格にはいくつかの種類があります。
業務独占資格は、業務を行うためには必ず必要な資格で、弁護士などがこれに当たります。
名称独占資格は、その資格を持っている人だけが名乗ることができる、中小企業診断士などの資格です。
また、設置義務資格は、宅建などの、特定の事業を遂行する場合に義務づけられている資格です。

このような国家資格は、多くの資格は取得するために努力が必要ですが、講習を受講するだけで取得が可能な資格もあります。
国家資格は、国から職業的な能力や技能を認められるため、社会的にも信頼されている資格と言えるでしょう。

これに対して民間資格は、民間の団体や企業が、独自の審査を行って実施し、独自の基準に基づいて認定する資格です。
国家資格と違って法的な裏づけはありませんが、国家資格と同様に広く認知されている資格もあり、信用度や認知度が高いものほど資格の取得は難しくなる傾向があります。

しかし、民間資格を運営している団体は、公益法人や商工会議所、企業、スクールまでさまざまなものがあり、民間資格の種類も多岐にわたります。
民間資格は、法律で規制されているわけではありませんので、中にはその効力が疑問視され、悪質なケースもありますので注意しましょう。

経済