ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  不動産関係の資格  > 不動産に関する資格の種類


不動産に関する資格の種類

今も注目度が高い不動産に関する資格には、3つの種類に分けることができます。それは不動産取引関係の資格、不動産管理関係の資格、不動産の法律・鑑定に関する資格です。

まず、一つ目の不動産取引関連の国家資格資格は、宅地建物取引主任者です。また、この不動産取引に関する資格には他に司法書士があります。

次に、不動産管理のための資格は、管理業務主任者・マンション管理士があり、司法書士も係わってきます。

また、不動産に関する調査や鑑定については不動産鑑定士や、土地家屋調査士が代表的なものです。

この不動産鑑定士の資格試験は、不動産に係わる資格のうちで最難関のもので、合格率は2%程度と言われています。その難しさから、資格を文系と理系に大まかに分けると、文系の資格のうちで最難関の三大国家試験の一つと表現されることもあります。

ところで、人気、知名度が高い不動産関係の資格は、宅地建物取引主任者と言えるでしょう。この宅地建物取引主任者の仕事内容は、宅地・建物の売買または交換、また賃貸契約の時に重要な事柄を説明する資格です。

具体的には、契約を行う前に重要な事柄について説明する、重要事項説明書(35条書面)へ記名と捺印する、契約書(37条書面)へ記名と捺印することなどです。このような業務は、宅地建物取引主任者の資格を持っていれば、行うことができますので、不動産業者には必ず必要な資格であると言えるでしょう。

また、マンション管理士は、マンションの増加や人気の上昇に伴って、不動産に関する資格の中でも、注目が高まっています。この資格はマンション管理についてコンサルタントの役割を担うもので、今後の活躍も期待されます。

経済