ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  不動産関係の資格  > 不動産関連の資格に合格するための勉強法


不動産関連の資格に合格するための勉強法

今も根強い人気がある不動産に関する資格は、合格率が非常に低いものが多く、人気、知名度共に高い宅地建物取引主任者の合格率は15%程度です。

この難易度が高い不動産関連の資格に合格するためには、法律や、建築、住宅設備、土地や道路などの幅広く、高度な知識を有する必要があります。

例えば、最も難しいとされている不動産鑑定士では、不動産について、資産価値を公的に鑑定しなければなりませんので、豊富な知識のみならず、客観的な資産運用についての視点も必要なのです。

では、不動産関連の資格を取るためには、どのような学習をしていけばいいのでしょう。難しい試験だからこそ、より効果的な学習をしたいですよね。

資格取得のための勉強法としては、資格を取るための専門の学校に通う方法、自宅で独学で勉強する方法、通信講座を利用する方法、資格を取るための勉強をしている人たちのサークルに参加するなど、いくつかの方法があると思われます。

このうち、通信講座や資格取得のスクールで、基礎からしっかり勉強していく方法が一般的と言えるでしょう。ある程度知識がついたら、資格取得のためのサークルに参加して、互いの経験や得意分野での情報を伝え合うことで効率的に勉強ができる場合もあります。

また、不動産関連の資格を取る場合、まず始めに宅地建物取引主任者を取得し、その後徐々に難易度を上げていくのも一つの方法です。宅地建物取引主任者を取得して、実際の業務を行う上で学ぶことも多いですので、仕事をしながら次の資格にチャレンジするのもいいでしょう。

経済