ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  不動産関係の資格  > 不動産鑑定士の資格を取得


不動産鑑定士の資格を取得

不動産鑑定士の資格を取るためには、その国家試験に合格して、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録される必要があります。不動産鑑定士の主な仕事は、不動産に関する権利関係、また不動産の経済価値に係わるものです。

不動産鑑定士のみが行うことができる仕事を独占業務と言いますが、これは不動産に関する鑑定や評価で、無資格者がこの業務を行うと刑事罰を受けることもあります。

それでは、不動産鑑定士の仕事を、もう少し詳しく見てみましょう。まず、公的機関より委託をうける業務は以下のようなものです。

相続税課税のための路線価および固定資産の評価、競売の際の不動産の評価、国有財産に関する評価、地価公示法に基づいた標準値および国土利用計画法施行令に基づいた基準値の鑑定評価、土地収用法等の法律に基づいた公共用地取得に伴う補償の鑑定評価、などが公的な仕事になるでしょう。

次に、民間の企業・個人からの依頼業務を、下記に挙げていきます。

不動産を売買する際の参考にするための評価、株式会社に対して不動産現物を出資する場合の鑑定評価、抵当権を設定する際の参考のための評価、企業の合併等の際の資産に関する評価、会社更生法・民事再生法等の適用時に行う評価、地代・家賃等の更新や改定の際の評価などがあります。

以上のように、不動産鑑定士の仕事は、多岐にわたり不動産を鑑定評価するもので、幅広く、奥深い知識が必要なのです。

経済