ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  不動産関係の資格  > 不動産業界で需要が高い資格


不動産業界で需要が高い資格

不動産関連の資格の中で、知名度が高く、広く知られているものとして国家資格である宅地建物取引主任者があります。この資格は、不動産の取引の際に必ず必要なもので、知名度だけでなく、有用性も高い資格と言えます。ここでは、宅地建物取引主任者の他に、不動産業界で需要が高い資格を紹介したいと思います。

まず、「不動産コンサルティング技能登録者」です。これは、不動産に関するコンサルティングを行う際に必要とされる高度な知識や技能について、一定の能力を有することを認定するものです。

この資格は、(財)不動産流通近代化センターが不動産コンサルティング技能試験を行い、合格者を同センターが不動産コンサルティング技能登録者として登録しているものです。

不動産コンサルティング技能試験を受験するためには、宅地建物取引主任者か、不動産鑑定士の資格を持っていなければなりません。また試験に合格した場合、不動産関連の仕事の5年以上の経験があって、登録申請することになります。

次に、「賃貸不動産経営管理士」について説明しましょう。この資格は、賃貸不動産経営管理士協議会が認定しています。

現在の不動産環境では、賃貸不動産などの分野で、住生活の価値観の多様化や、不動産管理の複雑化・専門化に伴う紛争などを防ぐための能力が求められています。

そのため、優れた専門性と倫理観を兼ね備え、高い知識・技術を持ち、更に所有者、管理業者や、テナント、入居者等のどの立場にも偏らない中立の立場での判断ができる「賃貸不動産経営管理士」が必要とされているのです。

不動産業界は、有名な大手企業から地域密着型の小規模の会社まで、数多くの会社があります。そのため、高い専門知識を持つ有資格者の需要は高いと言えるでしょう。不動産業界で働くなら、資格は必要不可欠のものです。

経済