ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ  > 不動産関係の資格


不動産関係の資格

不動産に関する資格は人気度が高く、その種類は「不動産取引関係の資格」「不動産管理関係の資格」「不動産の法律・鑑定に関する資格」の三つに分けることができます。

不動産に関する資格の種類

今も注目度が高い不動産に関する資格には、3つの種類に分けることができます。それは不動産取引関係の資格、不動産管理関係の資格、不動産の法律・鑑定に関する資格です。 まず、一つ目の不動産取引関連の国家資格資格は、宅地建物取引主任者です。また、この不動産取引に関する資格には他に司法書士があります。 次に、不動産管理のための資格は、管理業務主任者・マンション管理士があり、司法書士も係わってきます。 また、...

不動産関連の資格試験の難易度

不動産に関する資格には色々なものがありますが、ここでは、資格試験の難易度という観点でご紹介して行こうと思います。 不動産に関する資格のうち、最も合格が難しいとされているのは不動産鑑定士です。この不動産鑑定士は、資格試験の合格率が約2%で、文系の国家資格試験のうちでも3本の指に入る難しさです。 不動産鑑定士は、不動産の鑑定や権利に関するたいへん高い知識を持つ専門家として仕事を行い、その独占業務(不動...

不動産関連の資格に合格するための勉強法

今も根強い人気がある不動産に関する資格は、合格率が非常に低いものが多く、人気、知名度共に高い宅地建物取引主任者の合格率は15%程度です。 この難易度が高い不動産関連の資格に合格するためには、法律や、建築、住宅設備、土地や道路などの幅広く、高度な知識を有する必要があります。 例えば、最も難しいとされている不動産鑑定士では、不動産について、資産価値を公的に鑑定しなければなりませんので、豊富な知識のみな...

不動産鑑定士の資格を取得

不動産鑑定士の資格を取るためには、その国家試験に合格して、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録される必要があります。不動産鑑定士の主な仕事は、不動産に関する権利関係、また不動産の経済価値に係わるものです。 不動産鑑定士のみが行うことができる仕事を独占業務と言いますが、これは不動産に関する鑑定や評価で、無資格者がこの業務を行うと刑事罰を受けることもあります。 それでは、不動産鑑定士の仕事を、もう少し詳...

不動産鑑定士の受験資格と試験内容

不動産鑑定士になるための試験は、国家資格試験であり、受験資格は特に無く、誰でも受験することができます。 不動産鑑定士の試験は、1次試験で短答式試験を行い、これに合格すると論文式試験へ進みます。この時、2次試験である論文式試験が不合格になった場合には、短答式試験が2回分は免除され、論文式試験のみ受験することができます。 1次試験の短答式試験は、例年5月中旬の日曜日に行われます。実施場所は全国というわ...

不動産証券化に関する資格

いま、企業の新しい資金調達の仕組みとして、「不動産証券化」が注目されています。不動産証券化とは、動かすことができない不動産を証券という形に細分化して、多くの投資家に対して金融商品として売却する仕組みのことを指します。 この不動産証券化に関する資格に、「不動産証券化協会認定マスター」と、「不動産証券化協会認定アソシエイト」があります。この2つの資格は、国家資格ではなく民間の資格で、社団法人である不動...

不動産業界で需要が高い資格

不動産関連の資格の中で、知名度が高く、広く知られているものとして国家資格である宅地建物取引主任者があります。この資格は、不動産の取引の際に必ず必要なもので、知名度だけでなく、有用性も高い資格と言えます。ここでは、宅地建物取引主任者の他に、不動産業界で需要が高い資格を紹介したいと思います。 まず、「不動産コンサルティング技能登録者」です。これは、不動産に関するコンサルティングを行う際に必要とされる高...

不動産コンサルティング技能試験

不動産コンサルティング技能登録者は、(財)不動産流通近代化センターが定めた試験に合格し、不動産コンサルティング業務の知識や技術があると認められ、同センターにおいて登録を受けた人たちのことを指します。 現代社会では、めまぐるしい変化が起こっています。その変化を受けて、不動産コンサルティングに関する環境が変化していること、また、不動産の証券化などが進んだことにより、不動産関連業務が高度化してきています...
経済