ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  パソコン系の資格  > シスアド試験合格のために過去問を解く


シスアド試験合格のために過去問を解く

シスアドの試験に合格するためには、どのような対策を考えたらよいのでしょう。
初級シスアドの試験に必要なのは、パソコンに関する、基礎的で広く浅い知識です。

パソコンの知識をある程度持っている方は、過去問を解いていくことで合格することも可能でしょう。
しかし、パソコン初心者が独学で過去問だけを勉強してシスアド試験に合格するのはなかなか難しいかもしれません。

パソコン初心者の方は、市販されているシスアド対策用の教材を利用したり、シスアド専門のスクールに通うことを考えた方が良いでしょう。
またWeb講座で勉強する方も、最近では多いようです。
このような専門の講座を受講する場合は、無料でできる資料請求をインターネットなどを利用して積極的に行いましょう。

特に初級シスアドの対策講座は、大変多いので、複数の資料を比較することが大切です。
また、資料にはシスアド試験合格のための色々な情報が詰まっていますので、よく読んでおくことをお勧めします。

また、シスアドの試験には、複数年に渡り、同じような問題が出題されることが多々あります。
ですからシスアド試験合格のための対策として、過去問を解くことは非常に重要なポイントなのです。

このシスアド試験ですが、2009年秋期より、初級シスアドはITパスポート試験に、上級シスアドはITストラテジスト試験に移行します。
ITパスポート試験はより基礎的な内容に、ITストラテジスト試験は上級シスアドと同様の難易度になると予想されています。

経済