ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  パソコン系の資格  > シスアドの資格試験対策


シスアドの資格試験対策

シスアドという資格について、聞いたことがある方は多いかもしれません。
シスアドとは、システムアドミニストレータを略した言葉です。

システムアドミニストレータは、経済産業省が指定している試験機関の中の一つである、独立行政法人の情報処理推進機構のうち、情報処理技術者試験センターが行っている情報処理技術者試験です。
受験資格は特になく、どなたでも受験できる国家資格です。

シスアドとは、企業内におけるパソコンシステムのユーザーとして、システム管理部門への改善を要求したり、要望を提起したりして、システムの整備・改善が実現する役割があります。
そして経営者サイドとしては、シスアド試験を導入することにより、自社内のシステム管理者の能力を測ることができる利点があります。

つまり、シスアドとは、いわゆるエンドユーザーの代表で、かつ自部門の業務効率を上げるために改善を提示していくリーダーであると言えるでしょう。

では、シスアドの資格試験を受けるためにはどのように学習したらよいのでしょうか。
シスアドの資格試験対策としては、自分で教材を選んで自宅で独学で勉強する方法と、通信教育を利用する方法、また専門のスクールがありますのでそこに通う方法が考えられます。
仕事を持ち、時間的に余裕があまりない方なら通信教育が一番学習効率が高いかもしれません。

すでに業務などである程度パソコンのスキルや知識があれば、自分で過去問を解いていくだけで合格することができる方もいるでしょう。
シスアドの試験は年2回、4月と10月に行われています。

システムアドミニストレータの試験は、パソコンの技術のみならず、仕事をする上での幅広い基礎的な知識を学習する必要がありますので、あなたのスキルアップに確実に役立つでしょう。
シスアドの資格をとって、あなたも仕事の幅を広げてみませんか。

経済