ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  パソコン系の資格  > マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)


マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)

皆さんご存知の通り、マイクロソフト社が開発したビジネス・アプリケーションソフトであるワード・エクセル・パワーポイント等は、たいへん多くの企業で利用されています。

このマイクロソフト社のオフィス製品のトレーナー資格であるMOTは、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの略で、マイクロソフト社が行っている民間資格です。
MOTは、マイクロソフト社のオフィス用のアプリケーションの操作などについて指導する、インストラクターのための資格です。

MOTを取得する方法は、まずMOT Essentialsを受験して基礎的な知識があるかどうかを確認します。
また実技能力はMicrosoft Office Specialistを受験して、MOTレベルでの合格が必要です。
その後MOTイントラクション認定研修を受講して晴れてMOTが認定されるのです。

特に気をつけたいのはMicrosoft Office Specialistの受験で、MOTに合格するにはセクション分析の全ての項目について50%以上の正答率でが必要です。
そのため難易度はたいへん高い、と言えると思います。

しかし、このMOTの資格を持つことによって、就職・転職の際に有利になることはもちろん、パソコンスクールのインストラクター・企業内での新人研修・新製品を導入した際のインストラクターなど、あなたの仕事の幅が広がることは確実でしょう。

経済