ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  パソコン系の資格  > マイクロソフト社のMicrosoft Office Specialist


マイクロソフト社のMicrosoft Office Specialist

現在の日本のビジネス界において、最大のシェアを持つのはご存知Microsoft Officeです。
このMicrosoft Officeの資格に、マイクロソフト社が行っているMicrosoft Office Specialistがあります。
この資格は、全世界共通の基準で認定されます。

Microsoft Office Specialistは、Microsoft Officeのあらゆるアプリケーションを利用する時の操作能力を客観的に測り、認定するのものです。
各アプリケーションを使った実践的な試験を行い、レベルは、基本的操作から、応用までさまざまです。

Microsoft Office Specialistの試験では、試験科目がOfficeのバージョンや、アプリケーションなどによって違っていますので、受験前に確認しましょう。

またレベルも分かれており、スペシャリストレベルは一般的なオフィス系の仕事で最低限必要と思われる操作方法について試験を行います。
このスペシャリストレベルの基本的な操作能力がある方は、エキスパートレベルでより応用度の高い、専門的な力を試すことができます。

このMicrosoft Office Specialistの特徴は、何といっても個人のパソコン関連の知識やスキルを、全世界共通のレベルで審査、認定するところでしょう。

Microsoft Office Specialistの資格を取った場合、いろいろなメリットが考えられますが、一番は就職や転職の時、また派遣会社に登録する時などに、パソコンに関する能力を客観的に証明することができる点ではないでしょうか。

またMicrosoft Office Specialistは、企業など、組織で導入されるケースも多く、この場合、各社員のパソコンの利用能力が上がり、全体としても作業の効率が上がり、結果利益アップにつながるというメリットが期待されます。

経済