ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  パソコン系の資格  > CAD(キャド)資格の種類と資格取得対策


CAD(キャド)資格の種類と資格取得対策

CADは、コンピューターを使った製図などの作業やそのシステムを指す言葉で、Computer Aided Designを略して「キャド」と呼んでいます。
このCADには多くの種類のソフトがあり、資格も多岐にわたっています。
ここでは、CADの資格取得の対策について、考えて見ます。

まず、CADの種類についてですが、これは大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類に分けられます。
「汎用CAD」は「Auto Cad」などの、あらゆる分野で使用することができるCADです。
「専用CAD」は、得意とする専門の分野を持ち、服飾デザイン・造園の設計・配管の3D設計などで使用されています。

CADに関する資格は、前述の通り多くの種類があります。
例を挙げると、CAD利用技術者試験・CAD実務キャリア認定試験・建築CAD検定試験・CADトレース技能審査などです。
これらの中で、一般の方に人気がある「CAD利用技術者試験」について、お話します。

「CAD利用技術者試験」には1級・2級・基礎試験・3次元があり、試験内容は1級は実技と筆記試験、2級は筆記試験のみとなっています。
基礎試験ではインターネットを利用した試験が、3次元では筆記と実技試験が行われます。
受験資格は、1級のみ2級取得が必要です。
この1級の取得は大変難しく、準備に1年以上かける方も多くいます。

それでは、受験者の多い1級と2級について、具体的な試験の内容を見ていきましょう。
まず2級では、CADシステムの基本的な知識を問う問題や、製図の基礎知識を確認する問題が出題されます。

1級では、より実務に基づいた出題がなされ、条件に従った作図を行ったり、文章を読んで、その指示通りの図面化、トレース等の技術が必要です。
1級レベルの学習は独学ではかなり難しいため、スクールに通うなどの方法を取る方が多いようです。

CAD利用技術者試験では、1級の難易度はかなり高いですので、ある程度の準備期間が必要でしょう。
しかし、その分1級取得後には、就職や転職等の際に大きな武器になることは間違いないと思われますので、是非チャレンジしてみてください。

経済