ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ  > パソコン系の資格


パソコン系の資格

今では、ほとんどの業種でパソコンを使って仕事をしていますね。それに伴ってパソコンのスキルや知識を持っていると就職や転職に大変有利になると言えるでしょう。ここではパソコン系の資格試験について解説しています。

CAD(キャド)資格の種類と資格取得対策

CADは、コンピューターを使った製図などの作業やそのシステムを指す言葉で、Computer Aided Designを略して「キャド」と呼んでいます。このCADには多くの種類のソフトがあり、資格も多岐にわたっています。ここでは、CADの資格取得の対策について、考えて見ます。 まず、CADの種類についてですが、これは大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類に分けられます。「汎用CAD」は「...

シスアド試験合格のために過去問を解く

シスアドの試験に合格するためには、どのような対策を考えたらよいのでしょう。初級シスアドの試験に必要なのは、パソコンに関する、基礎的で広く浅い知識です。 パソコンの知識をある程度持っている方は、過去問を解いていくことで合格することも可能でしょう。しかし、パソコン初心者が独学で過去問だけを勉強してシスアド試験に合格するのはなかなか難しいかもしれません。 パソコン初心者の方は、市販されているシスアド対策...

上級シスアドの試験内容と受験対策

上級シスアドの試験内容は、もちろん初級シスアドよりレベルは高く、試験範囲、難易度ともに高レベルの試験となっています。上級シスアドの試験内容と受験対策について考えてみましょう。 上級シスアドの試験は、午前と午後に分かれています。午前試験は、100分間で55問を解かなければなりません。解答は、4つの選択肢の中から正解を選ぶマークシート方式です。 ここで注意が必要なのは600点以上の得点がなければ午後試...

初級シスアドの試験内容と受験対策

初級シスアドの受験対策を立てる時、まずすべきことは試験内容の確認です。ここでは、初級シスアドの試験内容と受験対策について考えてみようと思います。 初級シスアドの試験は、大きく分けて「午前」と「午後」の2部構成になっています。多くの受験者にとって、難関となるのは午後、特に後半部分であると言えます。解答方式は午前も午後もマークシート方式なのですが、受験経験者の多くが午後の試験を苦手と感じています。初級...

シスアド試験の合格ラインと合格率

システムアドミニストレータの資格は、IT系の数ある資格のうちただ1つの国家資格で、年2回の試験が行われています。人気の高いシスアドの資格を取りたい方にとって、シスアドの試験の合格ラインや合格率などは気になるところでしょう。 まず、初級シスアドの採点方式について説明しましょう。初級シスアドの試験は午前と午後に分かれており、採点は、午前試験と午後試験で違っています。この午前と午後の試験の結果がそれぞれ...

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)

皆さんご存知の通り、マイクロソフト社が開発したビジネス・アプリケーションソフトであるワード・エクセル・パワーポイント等は、たいへん多くの企業で利用されています。 このマイクロソフト社のオフィス製品のトレーナー資格であるMOTは、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの略で、マイクロソフト社が行っている民間資格です。MOTは、マイクロソフト社のオフィス用のアプリケーションの操作などについて指導する...

マイクロソフト社のMicrosoft Office Specialist

現在の日本のビジネス界において、最大のシェアを持つのはご存知Microsoft Officeです。このMicrosoft Officeの資格に、マイクロソフト社が行っているMicrosoft Office Specialistがあります。この資格は、全世界共通の基準で認定されます。 Microsoft Office Specialistは、Microsoft Officeのあらゆるアプリケーション...

シスアドの資格試験対策

シスアドという資格について、聞いたことがある方は多いかもしれません。シスアドとは、システムアドミニストレータを略した言葉です。 システムアドミニストレータは、経済産業省が指定している試験機関の中の一つである、独立行政法人の情報処理推進機構のうち、情報処理技術者試験センターが行っている情報処理技術者試験です。受験資格は特になく、どなたでも受験できる国家資格です。 シスアドとは、企業内におけるパソコン...
経済