ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  医療系の資格  > 歯科技工士の資格取得の条件と対策


歯科技工士の資格取得の条件と対策

歯科技工士は、入れ歯や差し歯、矯正のための装置の政策や修理を行います。
技術はもちろん、歯科全般の知識を持つ、歯科治療に欠かすことのできない仕事と言えます。

歯科技工士の資格を取るには、国家試験を受け、合格しなければなりません。
試験は学説試験と実地試験にわかれており、年1回行われます。
学説試験は8科目あり、その内容は解剖学、歯冠修復技工学、有床義歯技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学、歯科理工学、顎口腔機能学、法規です。
実地試験は歯科技工技術が審査されます。

気になる歯科技工士の国家試験の合格率は、例年100パーセントに近い状況です。

歯科技工士の国家試験の受験資格を得るには、文部科学省や構成労働大臣が指定した機関で勉強することが必要です。
学校に通ってしっかり勉強すれば心配ないでしょう。
ですから、合格のための対策は、きちんとした学校に真面目に通って勉強することが一番です。

歯科技工士の勉強をするための学校や養成所は、ほとんどが専門学校ですので、既に仕事を持っている方が通うのは難しいでしょう。

最近では4年制の大学もありますが、通常は2年間の学校での勉強を経て歯科技工士の国家試験を受験し、合格した後、必要な手続きを住所地の保健所で行い、免許取得となります。

経済