ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  医療系の資格  > 看護師の資格取得の条件と試験対策


看護師の資格取得の条件と試験対策

「白衣の天使」として昔から憧れの対象である看護師の資格を取るためには、看護系の大学や短大、看護専門学校、高校の看護科などで勉強した後、看護師国家試験を受験し、合格しなければなりません。

この看護師国家試験の合格率は、例年約90パーセント程度で、非常に高いと言えます。
専門の学校でしっかり勉強しておけば合格できるレベルです。

看護師の資格取得後は、看護師として勤務先で働くことになりますが、実務経験を積んだ上で、さらに専門性や質の高い看護を行うための資格として「専門看護師」と「認定看護師」があります。

「専門看護師」は、がん看護や成人看護(慢性)、母性看護などの専門看護分野が特定されており、それぞれの専門分野でより深い知識と高い技術を持ち、卓越した看護を行うものです。

この「専門看護師」の資格を取るには、日本看護協会の認定を受けなければなりません。
そのためには、一定の実務経験と特定の教育機関での勉強が必要です。
この教育機関は、日本看護系大学協議会が認可した看護系大学の大学院修士課程に設置されています。
認定後も、5年毎に更新の手続きが必要です。

「認定看護師」は、優れた看護能力を持ち、特定された認定看護分野において、看護師に対する指導、相談などを行います。認定看護分野は、救急看護、皮膚・排泄ケア、がん化学療法看護などです。

「認定看護師」になるには、看護師、保健師、助産師の免許を持っていて、実務経験が5年以上ある人が、認定看護師教育機関で6ヶ月の教育課程を修了し、筆記試験を行う認定審査に合格することが必要です。

経済