ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  医療系の資格  > 医療事務系資格の種類と難易度


医療事務系資格の種類と難易度

医療事務とは、医療機関での事務職のことで、主に医療費の計算に関わる仕事です。

この医療事務系の仕事に就くためには、資格は必ずしも必要と言うわけではありませんが、資格があればもちろん就職や待遇などの面で有利なのは間違いありません。

医療事務系の資格のほとんどは民間の資格です。
特に大学や専門学校を卒業する必要もありませんので、難易度の点から言うと他の医療系資格よりも取得しやすいと言えるでしょう。

医療事務系資格の中でも一般的な「医療事務士」は、日本病院管理教育協会が指定した学校に通うことで受験資格が得られます。
医療機関の診療報酬に関する知識を持つ証となる資格で、難易度は中の下というところでしょうか。
「医事管理士」はカルテなどの管理を行う資格で、条件などは医療事務士とほぼ同様です。

「医療事務管理士」は、受付や会計、カルテ管理まで幅広く仕事ができるものです。
特に受験資格はなく、どなたでも受験することができます。
また、その歴史は長く、医療機関からの厚い信頼を得ています。
難易度としては高くはありませんが、実技試験が行われるため、その対策は必要だと思われます。

医療事務系の資格で最も難易度が高いと言われているのは「診療報酬請求事務能力認定試験」です。
受験資格はありませんので受験者は多いのですが、合格率は3割弱ということです。
合格するのは大変ですが、就職や転職の時などに大きな威力を発揮するでしょう。
医療事務系の仕事をする方には挑戦しがいのある資格です。

経済