ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  医療系の資格  > 医療系の資格の種類と難易度


医療系の資格の種類と難易度

医療系の資格には実に多くの種類があります。
私たちの身近にあるものを挙げてみると、医師や歯科医師、看護師、救急救命士、薬剤師、保険師、助産師、歯科衛生士、あんまマッサージ指圧師などがあります。
他にも診療放射線技師や臨床検査技師、理学療法士、臨床工学技士など、医療系の仕事は資格を必要とするものが非常に多いのです。

医療系の仕事を目指している方にとって、資格取得はつきものと言えるでしょう。
このような医療系の資格のうち、最も難易度が高いとされるのは、医師でしょう。
医師の資格取得のためには大学の医学部に入学しなければならず、入試難易度を考えれば、その時点で既に最難関と言えます。

歯科医師も、大学の歯学部で勉強しなければなりませんが、入試の難易度は医学部ほどではありません。

また救急救命士は、場合によっては医師以上に救命の現場で仕事をしなければなりませんが、資格取得の難易度に限って言うと、最難関というほどではありません。
専門の養成所や、医学部、看護学校などで勉強して国家試験を受験し、資格を取得するのですが、合格率は8割程度ということです。

薬剤師の国家試験合格率も同様に高いのですが、大学の薬学部に入学しなければならないので、難易度は高いと言えます。

これ以外の医療系の資格のほとんどが、大学や専門の学校で勉強し、国家試験を受けることになります。
学校にまじめに通って、国家試験の受験勉強をしっかりやれば、多くの方は合格できるでしょう。

経済