ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  金融業界の資格  > 証券外務員資格と証券アナリスト資格


証券外務員資格と証券アナリスト資格

金融業界で良く知られている資格に、「証券外務員資格」があります。この資格は、金融業を営む会社に入社して、業務を行うためには、必ず取得しなければならないものです。この「証券外務員資格」を取得しなければ、銀行や証券会社等の金融機関で、投資信託や債券、また株式等の金融商品について、勧誘や販売をすることができません。

この「証券外務員資格」のうち、「証券外務員二種資格」は、一般の方でも受験することができますので、金融機関への就職を希望している方なども受験しています。試験はパソコンを利用したもので、全国各地で100 箇所以上あるパソコン試験会場で行われています。

また、この「証券外務員二種資格」の他に、金融機関・証券会社などの内定者や、役職員だけが受験することができる資格もあります。それらを紹介しますと、証券外務員一種・特別会員証券外務員四種・特別会員証券外務員二種・特別会員証券外務員一種・会員内部管理責任者・特別会員証券外務員四種・特別会員内部管理責任者です。

その他に、金融業界で必要な資格としては、「宅地建物取引主任者資格」があります。この資格は、通常、不動産業界で必要不可欠な資格ですが、信託銀行など、一部の金融関係の業務でも取得が必要なのです。「宅地建物取引主任者資格」の試験はどなたでも受験できるもので、年1回実施されています。

また、「証券アナリスト」資格についても、金融関係企業の調査部門や、ファンド運用会社などで不可欠になっていますが、この資格を取るのは、簡単なことではないようです。試験範囲が膨大ですので、計画的に学習を進めていく必要があるでしょう。

さらに、最近では、「fp技能士」の資格も、金融機関・証券業関係企業で取得が推奨されるようになり、資格自体の知名度も上がってきました。

経済