ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  金融業界の資格  > 金融先物取引外務員の資格


金融先物取引外務員の資格

金融先物取引とは、デリバティブ(金融派生商品)の中の一つであり、各種金融商品や金利等の価格や数値が変動するもののうち、未来の特定期限内の売買について、ある定められた価格での受け渡しを約定するものを指します。

金融先物取引の勧誘等の業務を行うには、資格が必要です。それが金融先物取引外務員で、金融商品取引法に基づいた登録を受けて初めて業務を行うことができます。

この金融先物取引外務員は、証券会社等の金融商品の取引業者や、銀行等・金融商品仲介業者の役職員で、証券取引・デリバティブ取引の勧誘等の業務を行うことができるのです。

金融先物取引外務員の登録は社団法人金融先物取引業協会が実施していますが、この登録のためには同協会が行う外務員試験に合格して、金融先物取引外務員の資格を取得する必要があります。

この、社団法人金融先物取引業協会は、1989年、金融先物取引業の適正な運営により、投資家を保護することと金融先物取引業の発展を目的として、金融先物取引法に基づき、大蔵大臣の許可を得て発足した団体です。

その後、1992年、金融先物取引法の改正が行われ、協会の機能は拡充され、更に2005年7月の同法改正では、外務員制度が発足したことによる外務員の登録や、紛争を解決するための斡旋なども、同協会の業務となりました。

金融業界以外の方には、金融先物取引外務員の資格は、あまり聞き慣れないものかもしれませんが、昨今の金融先物取引の取引量の増加傾向により、有資格者が採用の際に有利になるのは確実でしょう。

経済