ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  金融業界の資格  > 金融工学の必要性


金融工学の必要性

一般的にはあまりなじみがあるとは言いがたい「金融工学」とは、一体どのような学問なのでしょうか。簡単に説明すると、資本利用や金融制度等についての理論を、実践的に適用するための分析・研究をしている学問です。

資本や金融の理論と言っても、ピンと来ないかも知れませんが、実は、実際の現代社会の中ではいたるところで利用されている基礎的な理論なのです。特に、金融業界にいて金融派生商品(デリバティブ)に関わる人にとっては、必ず必要な学問と言えるでしょう。

最近では、マスコミでもよく取り上げられている「金融工学」という言葉は、英語に訳すと「Financial Engineering」になります。しかし、この英語の「Financial Engineering」が表す範囲はとても狭いのに対し、日本語の「金融工学」という用語は、たいへん広い意味に捉えられることも多く、日本語の「ファイナンス」と同様に使われることもあります。

現在、直接的に金融工学に関わる資格は特にありませんので、金融工学を大学等で勉強すれば、すぐに資格取得につながるわけではありません。

しかし、高度な金融市場の分析など、金融工学を勉強しなければできないこともあり、金融工学は、現在では純粋数学という学問の中の一つの分野と言われています。それほど高度な数学的理論を学習することになるので、大学卒業後の進路に役立つのは確実でしょう。

専門に金融工学を学んでいる方とは別に、一般の方には、金融工学の公開講座などが開講されています。金融工学を通して現代社会について学ぶのが目的です。金融工学の考え方をわかり易く解説するため、身近な例として、例えば信用リスクや金利スワップ、天候デリバティブなどを取り上げられることもあるようです。

経済