ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  金融業界の資格  > 損害保険募集人資格について


損害保険募集人資格について

「損害保険募集人資格」とは、自動車保険・火災保険などの、損害保険を取り扱うための資格です。現代社会では、なくてはならない損害保険の仕事に就くためには、是非取得したい資格と言えるでしょう。

この損害保険募集人資格は、以前は受験資格として、損保事務の従事者という条件がありましたが、2007年10月、資格制度の改訂により、損保業務の従事希望者も受験することができるようになりました。これにより、損保業界への就職を希望している方は、この資格を持っていると、就職の際に有利になることは間違いないでしょう。

損害保険募集人資格の試験は、損害保険会社から依頼を受け、損害保険協会が実施しています。試験は、損保商品の販売のための充分な損保知識があるかを測るものです。試験で問われる損害保険募集業務を行う際に必要な基本的知識とは、様々な損害保険商品や、代理店の役割について、また遵守しなければならないルール等に係わるものです。

損害保険募集人試験の受験申し込みは、日本損害保険協会のホームページで行うことができます。受験には、一定の試験手数料が必要になります。

試験問題は20問で、合格点は70点以上です。試験実施の7営業日、日本損害保険協会のホームページで合格者が発表され、合格した方には、損害保険協会が合格証を発行することになっています。その後、代理店や募集人としての登録や届出を財務局で行います。

経済