ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  金融業界の資格  > FP技能士資格の試験と合格率


FP技能士資格の試験と合格率

FPの資格のうち、FP技能士は厚生労働省認定の国家資格、AFPとCFPは日本FP協会が認定する民間資格です。

FP技能士は、2002年4月、職業能力促進法に基づいて誕生しました。1~3級の等級にわかれており、級が上がるにつれ技能レベルも高度になっていきます。同様に、上級になるに従って試験も難しくなり、合格率も低くなります。

FP技能士の試験には、学科と実技があります。また、このFP技能士の資格は、更新は必要ありません。

1~3級のFP技能士の資格のうち、3級FP技能士は、ファイナンシャル・プランナーとして独立開業するというより、家庭内の日常的な家計の管理や、不動産業や建設業などで顧客に対するサービスの向上のために身につけるレベルのものです。

独立系のFPを目指すなら、是非2級以上の資格を取りたいものです。2級FP技能検定試験は、AFPの資格審査試験でもあり、AFPになりたい方もこの試験を受験することになります。

試験内容は、学科試験が120分、実技試験が90分です。学科試験は、マークシート方式で60問出題されます。60%以上の正答率で合格しますので、点数で表すと60点満点中36点以上で合格となります。

実技試験 は、記述式の筆記試験で行われ、全部で5題です。合格基準は、学科試験と同様60%以上ですので、50点満点で30点以上得点すれば合格です。

経済