ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  資格を取得するために  > 資格取得のために過去問を勉強する


資格取得のために過去問を勉強する

どのような試験でもそうなのですが、資格取得のための試験でも過去問を勉強することは、合格するために大切なことです。
実際に過去に出題された問題と同様の問題が出題されることもあります。
過去問を解いて、あなたも合格に1歩近づきましょう。

過去問を勉強することは、合格のために非常に重要なポイントになるのですが、いきなり過去問から始めても効果は期待できませんし、第一解けないと思います。
まずは、基本的な教材で勉強して、ある程度の力がついてから過去問を利用しましょう。

過去問を解くことで、自分の不得意分野や勉強不足の部分が解りますし、現在の自分の実力も把握できます。
ですから、過去問はただ解くだけではなく、必ず復習することが大切です。

復習することで、自分の弱点、例えばその分野だけ学習が足りないとか、引っ掛け問題に弱いとかが解りますので、そこを中心に勉強を進めていきます。
もし余裕があれば、何度も間違えたような問題は、ノートにまとめて、何度も繰り返し勉強しておけば完璧です。
試験当日にも、試験会場で直前まで復習もできますので、お守り代わりに持って行きましょう。

過去問は、自分の現時点での実力を測るために時々解いてみましょう。
また、試験直前の1週間程度は集中してやってみましょう。その際に、是非、本番同様に時間を計って解いてみてください。
時間配分などの要領も解ってくると思います。

経済