ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  資格を取得するために  > 資格を取るために専門学校へ進む


資格を取るために専門学校へ進む

資格を取るために専門学校へ進む方も多いと思います。
しかし、自分の将来を考えた時、専門学校に進学するか、大学に進むかで迷う方もまた多いでしょう。
資格取得の上で、専門学校と大学ではどのような違いがあるのでしょうか。

専門学校は、就職後即戦力になれるように専門的な知識や技術を得ることを目的としていますので、授業にも実践重視の傾向が見られ、実習の授業時間数が多くなっています。
専門学校は一般的に1~2年制をとっている学校が多く、4年制の大学に比べると学費は低くなっています。
期間的に大学より短いので、少しでも早く社会に出て仕事に就きたい方には専門学校のほうが合っていると言えると思います。

資格取得については、専門学校卒と大学卒で違うこともありますが、まったく同じケースもあります。
資格によっては、実際にその仕事に就いていた年数や年齢が条件として規定されているものもあります。
また就職した際には、専門学校卒と大学卒では、給与面で差がつくこともあり、昇進等にも影響することがあります。

資格を取るために専門学校に進むか大学に進むかは、それぞれメリット・デメリットがあり一概には言えませんが、自分がやりたい仕事を決めて、将来どのように働きたいのか(会社員なのか、フリーなのかなど)をよく考えて決めることが大事です。

そのための情報収集の方法として、インターネットで検索するのも良いと思います。
資格がとれる専門学校を紹介するサイトや、まとめて何校かの資料を請求できるようなサイトもあります。
インターネットなら間単に調べることができますので、是非参考にしてみてください。

経済