ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  秘書検定に合格するために  > 秘書検定の合格率


秘書検定の合格率

秘書検定には、3級・2級・準1級・1級のクラスに分かれています。それぞれの合格率はどのようになっているのでしょうか。

はじめに、3級の試験はマークシート方式で行われ、合格率は65%程度です。各回で多少の前後はあるものの、比較的高い合格率であるといえるでしょう。

2級の試験は、論理と実技に分かれており、論理の内容は秘書の資質・職務の知識と一般常識、実技ではマナー・接遇と技能が審査されます。両方の60%以上の正解率が合格には必要です。気になる合格率は47%程度で、約半数の方が合格しているようです。

準1級・1級の合格率は、2・3級と比較すると非常に低くなっています。秘書検定の一級と準一級では、筆記試験の他に面接が行われます。この面接試験が合否のカギを握っているのです。秘書検定試験の面接試験はかなりレベルが高く、完璧な対応が求められます。

また、最難関の1級合格のためには、資格が必要です。例を挙げると、英検2級以上、和文速記の3級以上、英文タイプ、ペン字、珠算、などがあります。他には、英語文書のCクラス以上、英文速記の60ワード以上などもありますので、どのような資格が役立つか、秘書検定協会に問いあわせてみることをお勧めします。

経済