ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  秘書検定に合格するために  > 秘書検定1級の試験内容と対策


秘書検定1級の試験内容と対策

秘書検定の中でも最難関である1級の合格率は、非常に低く、簡単に取れる資格ではありません。しかし、だからこそ、秘書検定1級の資格を持っていれば、就職や転職の際に有利に働くのです。

また、就職後は、企業の社長や重役の秘書として、トップのサポートをする仕事をすることができます。また、秘書という職業に就かなくても、秘書検定一級の取得によって、大人の女性としてのマナーや常識が身につくでしょう。

秘書検定1級の試験のスケジュールは、6月・11月の年二回です。秘書検定一級の試験は、3級・2級とは違い、面接試験がありますので、独学で合格するのはかなり難しいでしょう。やはり、ビジネス系の専門学校などで、秘書検定1級の対策講座を受講して、専門的なアドバイスを受けた方がいいでしょう。

秘書検定1級の面接試験では、100%完璧な応対が求められます。ですから、なるべく秘書検定1級の合格率が高い学校で、面接の練習を繰り返し行い、指導を受けることが大切です。

秘書検定1級に合格するためには、高い実績があるビジネススクールで学ぶのが効率的ですが、事情によっては学校に通うことができない方もいらっしゃると思います。そのような場合は、秘書検定試験の面接対策のためのDVDなどが市販されていますので、利用するといいと思います。

このように、秘書検定一級は非常に難しい試験です。受験資格は特にありませんので、どなたでも受けられますが、秘書検定の資格を取りたいなら、まずは3級から順々に取得していく方が、遠回りのようでも秘書検定一級合格の近道になるでしょう。

経済