ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  秘書検定に合格するために  > 秘書検定準1級の内容と対策


秘書検定準1級の内容と対策

ふつう、秘書検定準1級を受験する場合、2級または1級と併願するケースが多いようです。秘書検定準1級の筆記試験は記述式ですので、参考書、あるいは問題集などを利用してしっかり勉強しなければなりません。逆に言えば、自分できちんと勉強しさえすれば、対応できる試験です。

しかし、秘書検定準1級と1級の試験で行われる面接試験は、実践的な対策がどうしても必要になってきます。そのためには、市販されている面接試験用のDVDを使って基本的なことを実につけましょう。さらに、ビジネス系の専門学校などの秘書検定向けの面接対策講座を受講するのが良いでしょう。

秘書検定準一級の面接試験のレベルはかなり高いものですので、相当努力しないと合格は難しいでしょう。面接試験は、秘書検定の筆記試験の合格後に行われますが、合格通知を受け取ってから面接対策を始めるのでは遅すぎます。

専門学校によっては、合格発表前に面接対策講座の申し込みを締め切っているところもありますので、面接対策は、スクールの申し込みも含めて、なるべく早目に始めておく方がいいと思います。

とは言っても、面接試験直前の対策講座は、通常受講料は2万円程度かかります。合格発表前に申し込むのが不安な方は、合格通知が届いてからすぐ受講できる講座を探しましょう。

秘書検定の面接試験では、完璧な対応が求められます。表情を変えないで、優雅な立ち居振る舞いをしなければなりません。過度の緊張や焦りは禁物です。本番に備えて、繰り返し練習しておきましょう。

経済