ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  秘書検定に合格するために  > 秘書検定の過去問は必要不可欠


秘書検定の過去問は必要不可欠

秘書検定試験の合格を目指して勉強を進めていく時、秘書検定の過去問は必要不可欠なものです。特に、問題集や参考書などを利用して、自宅で独学で学習する方にとっては、過去問はなくてはならない教材です。

過去問を使って勉強する際、重要なポイントは、間違った問題をそのままにしないことです。どうして間違ったのか、必ず分析して、二度と間違えることがないように、ノートにまとめておいて、学習の仕上げの時に復習しましょう。

時間的、経済的に余裕がある方は、早稲田ワーキングスクールなどの、秘書検定試験専門のスクールで行われている、過去問対策に出席するのも有効な手段です。この過去問対策では、実際の試験と同様に過去問を解いた後、専門家による解説授業が行われるものです。

過去問を利用した勉強では、独学で勉強するより、専門のスクールで解説を聞くほうがより理解が深まるでしょう。また、時間配分や解き方のコツなどのテクニックの部分も教えてもらえるでしょう。

秘書検定試験の過去問を解いてしまった後は、予想問題集を勉強しましょう。早稲田ワーキングスクールなどの秘書検定試験専門のスクールでは、実際に出題された試験問題を分析・研究して、問題傾向に合わせた予想問題を作成しています。

また、専門のスクールでは、秘書検定試験の模擬テストも実施されています。採点後は、自分の弱点分野がよくわかると思いますので、受験するだけでなく、その後の復習や間違った問題の分析がとても大切です。

経済