ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  秘書検定に合格するために  > 秘書検定試験の日程と申込み方法


秘書検定試験の日程と申込み方法

秘書検定試験は、6月と11月の、年2回行われています。受付期間は、試験実施の3ヶ月ほど前に設定されており、その期間内に受験の申し込みをしなければなりません。申し込み後は、試験実施の10日前までには受験票が送られてくることになっています。それまでに届かない場合は、必ず問い合わせましょう。

秘書検定試験のうち、一級と準一級では、筆記試験で合格した方のみ、面接試験が行われます。面接の試験日は地方によっても違いますが、おおむね一ヶ月後くらいに行われているようです。その面接試験の後、1ヶ月以内に一級・準一級の合否結果が送られてきます。

2級・3級の合否結果も、一級・準一級同様、試験実施後1ヶ月以内に送られています。

秘書検定試験の申し込み方法は、まず、秘書検定案内(願書)を書店で購入します。願書に必要事項を記入し、受付書店に提出し、受験料を支払います。この受験料は、受験する級によって違ってきます。また、かかる費用としては、他に願書を郵送するための切手代80円も必要です。

秘書検定試験の受付ができる書店は、全国にありますので、秘書検定のホームページで確認しましょう。また、そのホームページでは、願書の請求も可能ですので利用すると便利です。

ちなみに、秘書検定試験は、大学生や高校生、専門学校生などの、これから就職を目指している方が受験するケースが多いようです。単に秘書になりたい方だけではなく、企業に就職するために、就職活動に役立つ資格として秘書検定を受験する方も多いのです。

経済