ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  ホームヘルパーの資格取得  > ホームヘルパーの具体的な仕事内容


ホームヘルパーの具体的な仕事内容

今、人気のホームヘルパーの具体的な仕事はどのようなものなのでしょう。ホームヘルパーの仕事は大変幅広いのですが、大きく分けると生活援助と身体介護があります。

まず、身体の介護には、食事や排泄、入浴、衣類着脱などの介助や、身体の清拭があります。他にも、リハビリの介助、通院・デイサービスなどの付き添い、また普段の健康状態のチェックも行います。

家事援助 には、個人の病状などに合った食事の準備、洗濯、掃除など。また、部屋の整理整頓をしたり、生活に必要な物を買ってきたりすることもあります。

その他には、精神面についても、相談を受けたり助言をしたりします。このようなホームヘルパーの仕事は、医師等の指示が必要ないものに限られています。

逆に、ホームヘルパーは、「契約内容外の仕事」の仕事はしてはならないことになっています。介護サービスの利用者とサービス提供事業者の間では、契約が締結されており、その中でホームヘルパーが行う仕事の内容、範囲が決められています。

例えば、契約内容が家事援助のみの場合、身体介護は契約内容外の仕事ですので、提供することはできません。

もし利用者から申し出があり、身体介護も行う場合は、ホームヘルパーは属している介護サービス提供事業者やコーディネータなどに相談の上、契約内容を見直して再度契約を結びなおすことになります。

経済