ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  ホームヘルパーの資格取得  > ホームヘルパー1級の資格の内容と対策


ホームヘルパー1級の資格の内容と対策

ホームヘルパー1級の資格を取ると、2級の時と比べて仕事の幅が広がってきます。介護サービス提供事業所のなかでは、「サービス提供責任者」となって、後輩ヘルパーの指導や、サービス利用者とヘルパーのコーディネーター的な仕事をすることができるようになります。

ホームヘルパー1級の資格を取るには、試験はなく、各都道府県で実施されている研修へ参加する方法があります。この研修には、、ホームヘルパー2級の資格を持ち、介護の実務経験が1年以上(180時間)ある方が受講資格を得ることができます。

この研修で学ぶ内容は、社会福祉制度や、心理学的援助技術、認知症高齢者の介護技術、ホームヘルプサービス運営知識などで、より高度な介護知識を230時間という時間をかけて学習していきます。この研修を修了すると晴れてホームヘルパー1級取得となります。

また、他にホームヘルパー1級の資格を取る方法には、民間のホームヘルパー養成研修機関が実施している講座を受講する方法もあります。有名なところでは、ニチイや、三幸福祉カレッジなどがホームヘルパー1級の講座を開講しています。

勉強する方法は、通学や通信教育など、いくつかありますので、自分の状況に合った方法を選べます。現在既に事業所などで働いている方は、通信教育が便利かもしれません。インターネットで検索すると、ホームヘルパー1級講座関連のサイトもたくさんありますので、参考にしてみてください。

この講座の学習する内容は、講義・実技・実習に分かれています。それぞれを簡単に説明しますと、講義は社会福祉関連制度及びサービスなど、実技は、ケアマネジメント技術や技術指導及び介護技術向上など、実習は痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習などです。

経済