ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  ホームヘルパーの資格取得  > ホームヘルパー3級の資格の内容と対策


ホームヘルパー3級の資格の内容と対策

ホームヘルパーの資格には3~1級があります。現在の介護の世界では、職業としてホームヘルパーの仕事をするには、2級以上の資格を必要とするところがほとんどです。ホームヘルパー3級の資格は、あくまでも家庭内で家族の介護をするために勉強したい方のためのものと考えた方が良いでしょう。

また、ホームヘルパー3級の資格取得者ができるのは家事援助のみで、身体介護などの介護サービスは提供できません。ですから、ホームヘルパーの職に就くためには2級以上の資格が必要なのです。ホームヘルパー3級の資格は、家庭での介護のためであると同時に、初めて介護の勉強をする方のための入門編とも言えます。

このホームヘルパー3級の資格を取得するには、50時間に及ぶ講習を受講しなければなりません。講習50時間の内訳は、講義(25時間)、講習受講者が交代で要介護者役になって行う実技講習(17時間)、在宅介護サービスの現場を実際に見学する実習(8時間)です。

しかし、このようなホームヘルパー3級の講習を行っている民間の事業者はほとんどありません。家庭内で家族を介護するために勉強したいというような方に対して、各自治体が行っています。

これからますます高齢化が進んで、介護の仕事の必要性はますます高まってくるでしょう。介護の世界で仕事をバリバリやっていきたいなら、ホームヘルパー3級を修了するだけでなく、是非2級以上の資格取得を目指して勉強することをお勧めします。

経済