ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  ホームヘルパーの資格取得  > ホームヘルパーの求人状況や雇用条件


ホームヘルパーの求人状況や雇用条件

介護保険が施行されてからというもの、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの高齢者のための介護施設、また訪問介護を行う事業者など、介護関係の施設はどんどん増えています。それにつれ、ホームヘルパーの求人ももちろん多くなっています。

現在の介護業界では、ホームヘルパーの求人には「ホームヘルパー2級以上」という条件がついていることが非常に多く、ホームヘルパー2級の養成講座を修了している方なら、就職するのはそう難しくないと言えるでしょう。

ただ、ホームヘルパー2級を取得していないと仕事が全くないかというとそうではなく、ホームヘルパーが未経験という方でも求人はあります。また年齢についても、50代の求人もあり、他の業界よりも仕事を探しやすい状況であると思われます。

この背景には、介護業界全体の慢性的な人手不足が考えられます。どの事業所も人材確保のために必死になっているのです。

しかし、このような応募条件があまり厳しくない求人では、雇用条件が恵まれているとは言えないケースもあります。正規職員としての採用ではなく、ほとんどが、パートや契約職員などの雇用形態になるでしょう。

最後に、ホームヘルパーの仕事を探す時に、注意した方が良いと思われるポイントをいくつか挙げてみます。

まず、仕事をする状況です。例えば、訪問介護の事業所に勤めるホームヘルパーの仕事は、一対一で高齢者を介護することになります。また他の介護施設で働く場合は、同僚と一緒に協力し合って介護することになるでしょう。

そして、勤務時間帯も事業所によってさまざまです。一般的に、通所介護事業所の場合は、主に昼間の時間帯に仕事をするでしょう。要介護者が生活しているような施設では、24時間仕事があるため、交替で勤務する必要があり、夜勤などでどうしても不規則な勤務形態になってしまいます。

自分のライフスタイルを念頭において、希望の雇用条件に優先順位をつけて、自分に合った職場を選びましょう。

経済