ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ  > ホームヘルパーの資格取得


ホームヘルパーの資格取得

介護保険が施行されてからというもの、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの高齢者のための介護施設、また訪問介護を行う事業者など、介護関係の施設はどんどん増えています。それにつれ、ホームヘルパーの求人ももちろん多くなっています。

ホームヘルパーの具体的な仕事内容

今、人気のホームヘルパーの具体的な仕事はどのようなものなのでしょう。ホームヘルパーの仕事は大変幅広いのですが、大きく分けると生活援助と身体介護があります。 まず、身体の介護には、食事や排泄、入浴、衣類着脱などの介助や、身体の清拭があります。他にも、リハビリの介助、通院・デイサービスなどの付き添い、また普段の健康状態のチェックも行います。 家事援助 には、個人の病状などに合った食事の準備、洗濯、掃除...

ホームヘルパー1級の資格の内容と対策

ホームヘルパー1級の資格を取ると、2級の時と比べて仕事の幅が広がってきます。介護サービス提供事業所のなかでは、「サービス提供責任者」となって、後輩ヘルパーの指導や、サービス利用者とヘルパーのコーディネーター的な仕事をすることができるようになります。 ホームヘルパー1級の資格を取るには、試験はなく、各都道府県で実施されている研修へ参加する方法があります。この研修には、、ホームヘルパー2級の資格を持ち...

ホームヘルパー2級の資格の内容と対策

ホームヘルパー2級とは、ホームヘルパーの資格の中でも基礎的な資格です。仕事内容は、介護保険法のもと、ケアマネージャーによって作成された「ケアプラン」に従って、要介護認定を受けた高齢者や障害者に、家事や身体の介護などを行うことです。 ホームヘルパー2級の資格は、国定めるホームヘルパー養成研修を受講する必要があります。 この研修は、講義60時間、実技42時間、実習30時間の合計132時間かけて行われま...

ホームヘルパー3級の資格の内容と対策

ホームヘルパーの資格には3~1級があります。現在の介護の世界では、職業としてホームヘルパーの仕事をするには、2級以上の資格を必要とするところがほとんどです。ホームヘルパー3級の資格は、あくまでも家庭内で家族の介護をするために勉強したい方のためのものと考えた方が良いでしょう。 また、ホームヘルパー3級の資格取得者ができるのは家事援助のみで、身体介護などの介護サービスは提供できません。ですから、ホーム...

ホームヘルパーの求人状況や雇用条件

介護保険が施行されてからというもの、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの高齢者のための介護施設、また訪問介護を行う事業者など、介護関係の施設はどんどん増えています。それにつれ、ホームヘルパーの求人ももちろん多くなっています。 現在の介護業界では、ホームヘルパーの求人には「ホームヘルパー2級以上」という条件がついていることが非常に多く、ホームヘルパー2級の養成講座を修了している方なら、就職するの...

ホームヘルパーの資格を取るための講座やスクール

ホームヘルパーの資格を取るための講座やスクールは、今ではたくさんのものがあり、選択に迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ホームヘルパーの資格取得のための講座には、各都道府県で行われている、自治体主催の講座や、民間のホームヘルパー育成のための養成機関が実施している講座があります。 その中で、民間のスクールが行っている講座のうち、いくつかを紹介しようと思います。 福祉教育を専門に行っている三幸福...

ホームヘルパーの資格取得のために通信講座を利用する

ホームヘルパーの資格取得のために、通信講座を利用する方は大変多くなっています。通信講座を利用してホームヘルパー資格を取る場合のメリットは、時間的な拘束が少なく、マイペースで勉強を進めることができる点です。 ただし、ホームヘルパー2級の資格を取る場合、施設実習や、見学実習などの実習があり、その時は事前に予定を組んで行うことになるでしょう。 それでは、ホームヘルパーの資格取得の通信講座には、具体的には...

ホームヘルパーと医療行為について

ホームヘルパーが介護を行う上で、「医療行為」に関する問題があります。「医療行為」は、医師法により、医師以外の者が行うことを禁じられています。もちろん、ホームヘルパーは医療行為はできません。もしホームヘルパーが医療行為を行えば、罰則があります。 しかし、「医療行為」には、爪を切ったり、耳垢を取ったりするような日常的な行為も含まれており、被介護者の中には、そのような行為が必要なケースもあり、介護の現場...
経済