ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  仕事に役立つ語学資格  > 語学資格の勉強法


語学資格の勉強法

語学資格には様々なものがありますが、資格取得のためには、資格試験を受験し、合格しなければならないものがほとんどと言って良いでしょう。つまり、合格=資格取得のためには、1にも2にも勉強が必要だと言うことです。

では、語学資格をとるための勉強法は、具体的にはどのような方法があるか考えて見ましょう。

まず、自宅で自分だけで勉強する独学という方法があります。市販されている教材には、DVDやCD等を使ってリスニングの勉強ができるものもありますし、NHKのテレビやラジオ講座などを利用する方もいます。

このような独学で学習する方法は、英検でいうと2級程度のレベルなら、合格も可能ですが、それ以上のレベルの語学資格になると、スピーキング能力を測るものもあったりして、相当の努力が必要だと思われます。

次に、通信教育を利用する方法があります。通常、その通信講座の教材が自宅に送付され、その教材を使って勉強し、出題された課題を提出すると、その課題を添削して返却してくれるという流れになっています。中には、DVD・CDなどを使ったり、解らなかったところはメール・電話で質問できる講座もあります。

通信教育も自宅で自分一人で勉強するので、資格取得に対する強い気持ちが必要です。通信講座によっては、課題の提出が遅れがちになったりすると、チェックしてくれるシステムがあるところもあります。

もう一つ、専門学校に通う方法もあります。学習効果、という面を考えると、個人差はあると思いますがこの方法が最も効率的な勉強法だと思われます。ただし、費用は他の方法よりもかかりますので、自分に合った学校を探すことが大切です。

この他には、学びたい言語の国へ行き、短期留学などで勉強する方法もあります。

いずれにしても、語学資格を取るためには、こつこつと地道な努力を続けることが不可欠です。

経済