ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  仕事に役立つ語学資格  > 語学関係の資格試験について


語学関係の資格試験について

語学資格試験は多くのものが実施されていますが、受験者人数が多いのは英語に関する資格試験でしょう。特に、TOEIC・TOEFL・実用英語技能検定(英検)の3つは、知名度も高く、語学資格に興味のある方なら耳にしたことがあるでしょう。

多くの種類がある語学試験ですが、他の資格同様、公的なものと民間が行っているものにわかれています。公的資格には英検・スペイン語技能検定・実用フランス語技能検定・フランス語能力認定試験などがあります。

この公的資格のうち、語学資格関係で唯一の国家資格は、通称ガイド試験とも言われる通訳案内士試験です。この資格は、報酬を得て、外国人の通訳をしながら観光案内をするための資格ですが、非常に難易度が高いため、受験する方の人数もあまり多いとは言えません。

一方、民間資格で有名なものは、前述のTOEIC・TOEFLなどが挙げられるでしょう。その他には、アジア諸国の言語(中国語・韓国語・インドネシア語・タイ語など)や、ヨーロッパ諸国の言語(ドイツ語・ロシア語)の語学試験も民間の団体が行っている資格です。

以上のような語学資格の試験のうち、一般的に「使える」資格は、TOEICと英検でしょう。この2つの資格は、就職や転職の試験の際、企業からの評価やニーズが高いと考えられます。

特にTOEICは、個人の能力を表すものの一つとして、昇進などになどに影響することもあります。就職・昇進で有利に立ちたいなら、TOEICで700以上のスコアを取ることです。

また、英検は、漢検などと同じように、高校受験の際、特に推薦入学試験などの内申点を上げることができます。ただし、ある程度以上の級が必要です。

資格試験そのものを目的にするよりも、自分に必要な資格が何かを明確にして、最も適した語学試験を受験することをお勧めします。

経済