ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > パソコン系の資格試験


パソコン系の資格試験

最近では、ほとんどの業種でパソコンを使って仕事をするようになりました。
それに伴ってパソコンのスキルや知識に関する資格も増えてきています。

そのようなパソコンについての知識やスキルを測る資格がある場合とない場合では、就職や転職、また社内での昇進などの際に差が出ることも考えられます。
ビジネス上では大変有利な資格と言えるでしょう。
ここでは、パソコン系の資格試験について紹介したいと思います。

まず、Mac検定委員会東京本部事務局が実施しているMac検定です。
この資格はMacを活用するための基礎知識や、ソフトを利用する力、また応用する力についての検定です。

Macintoshは、DTP関係のソフトが非常に充実しており、デザインや印刷、出版などの業界で幅広く利用されています。
この方面への就職、転職には、DTP関係のオペレーターは常にニーズがありますので、是非取っておきたい資格です。

次に紹介するのは、「MOT0」の認定試験で、マイクロソフトが行っている資格試験です。
これはマイクロソフト社のトレーナー制度で、合格者はマイクロソフト社のインストラクターになることができます。
パソコンを使いこなすための基礎知識や、システムの運用・管理などの応用力まで幅広い知識や技術が求められるものです。

また同じマイクロソフトが実施しているMicrosoft Office specialistは、同社が圧倒的シェアを持ち、あらゆる業界で利用されているOffice製品の Excel・Word・PowerPointなどを使う力を測る資格で、エンドユーザーに対応したものです。

その他の主なパソコンの資格には、情報処理活用能力検定(J検)や、基本情報技術者(FE)、パソコン検定試験(P検)などがあり、難易度もさまざまですので、自分の力に応じて資格を選ぶと良いでしょう。

経済