ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 証券外務員という資格


証券外務員という資格

あまり聞き慣れないかもしれませんが、証券外務員という資格があります。
この証券外務員の仕事は、金融商品取引業者等(金融機関など)において、金融商品取引業務を行うことです。
また顧客に対して的確な情報サービスを提供し、アドバイスを行います。

証券外務員は、金融商品取引法によって、金融商品取引業者等に入社後、氏名等を金融庁に登録することが義務付けられており、この登録を怠れば、外務員として業務を行うことはできません。

証券外務員の資格は、6つの資格に分かれており、取り扱うことのできる業務が違っています。
各資格取得のためには、それぞれの試験に合格することが必要です。

もう少し詳しく説明すると、証券外務員の資格には、金融商品取引業者(会員資格)と、登録金融機関(特別会員資格)があり、会員資格には一種・二種外務員資格と内部管理責任者資格、特別会員資格には一種・二種・四種外務員資格があります。

このうち、会員資格の一種外務員資格と内部管理責任者資格は、証券会社に所属していない方は受験することができません。
特別会員資格は、銀行や保険会社など、指定された金融機関の職員だけが取得できる資格です。

特に受験資格がなく、誰でも受験できるのは二種外務員資格試験です。
これは2006年9月に改正され一般の方でも受験できるようになりました。
二種外務員の資格で取り扱える取引は、株式(現物取引)・投資信託・債券です。

証券会社をはじめ、金融機関に就職を希望する方はこの二種外務員資格を取得しておくと有利でしょう。
また株取引をしている方が勉強のために取得したり、金融アナリストになりたい方が取得するケースもあります。

経済