ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 宅地建物取引主任者の資格


宅地建物取引主任者の資格

通称「宅建」と呼ばれている宅地建物取引主任者資格は、今も人気がある資格です。
この宅地建物取引主任者の資格は、国家資格で、宅地建物取引業者(不動産取扱会社)の顧客に対し、宅地や建物等に関する、売買・交換・貸借の契約成立のために、これに関連する重要事項についての説明等を行うための資格です。

宅地建物取引主任者の具体的な仕事は、大きなものは3つあり、この3つについては宅地建物取引主任者の資格を持たなければできない仕事です。
その仕事とは、前述の重要事項の説明・重要事項が書かれた説明書への記名と押印・37条書面への記名および押印です。

宅地建物取引業を営む場合、従業員5人あたり専任の宅建主任者が1人必ず必要です。
宅建主任者の設置を怠ると、宅地建物取引業の免許取り消しなどの厳しい処分を受けます。
そのため、宅地建物取引主任者は、不動産業界では常に必要とされる人気の高い資格なのです。

宅地建物取引主任者資格の試験を受ける時、特に受験資格などはありませんので、誰でも受験することができます。
また、出題方式は、4つの選択肢から正解を一つ選ぶ方法で、解答はマークシート方式です。
記述式の試験よりも受験しやすいと言えるでしょう。

宅地建物取引主任者の資格試験を受験するための勉強で重要なのは、民法が中心となる「権利関係」です。
また重要事項や37条書面も重点的に学習しておきましょう。
このような大事なところを落としてしまうと、合格は難しいと思われますので注意しましょう。

経済