ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 社会福祉主事任用資格


社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは、ケースワーカー(福祉事務所の現業員)の任用資格(任用される場合必要な資格)です。
この社会福祉主事任用資格は、社会福祉の一定の知識を持つ証として、社会福祉施設職員などの資格の基準に用いられたり、求人の際に、社会福祉主事任用資格取得が条件に挙げられることも増えてきました。

社会福祉主事任用資格取得にはいくつかの方法があります。
一つ目は、厚生労働省指定の社会福祉主事養成校を卒業する方法。
二つ目は、都道府県が実施する講習会を受講する方法。三つ目は、厚生労働省が指定している科目を、大学などで3科目以上を履修する方法です。

三つ目の履修が必要な3科目は、社会福祉概論、社会福祉事業史など社会福祉に関するもの、法学、民法、行政法など法律関係の科目、また経済や社会政策に関するもの、そのほか心理学や医学、栄養学などの全部で34科目から選ぶことができます。

社会福祉主事任用資格は、まず公務員採用試験に合格し、ケースワーカーとなった時に効力を発揮します。
社会福祉主事の仕事は、社会の中で支援や保護が必要な人に関する相談・指導を実施し、福祉法に基づいた援助や育成などについての事務を行うことなどです。

経済