ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 介護福祉士の資格


介護福祉士の資格

介護サービス提供の現場で責任者になれる資格には、介護福祉士とホームヘルパー1級があります。
このうち介護福祉士は、より高い知識や技術を学習し、年1回実施される試験に合格して取得する資格です。
介護福祉士資格は国が認定し、登録もしており、その活動内容は法律により決められています。

この介護福祉士は、障害者や高齢者などの、日常的に介護が不可欠な人のために、専門知識や技術を使って身の回りのサポートを行うのが仕事です。
また介護福祉士に期待される仕事として、介護が必要な人の家族や、ホームヘルパーに介護などの方法を指導することがあります。

具体的には、食事や着替え、排泄、入浴などの介助、また体位変換などの身体介護を行います。
また家事援助と言って、調理や掃除、洗濯や買い物などのサポートもあります。
その他には、介護計画を立てたり、医療機関など関係機関との連絡、また通院に付き添ったりすることもあります。

介護福祉士資格は、受験資格として実務経験が3年以上必要ですが、国家試験を受験して合格すれば取得できます。
この受験資格の実務経験とは、介護職員やホームヘルパーの勤務実績のことを指しますが、仕事の内容は詳細な規定がありますので、受験前に必ず確認してください。

その他には、介護福祉士の専門学校に通って、卒業することで自動的に資格を取ることもできます。
この場合、卒業後に改めて国家試験を受験する必要はありません。

介護福祉士資格は、介護の現場で指導者として活躍できる資格です。
介護の仕事をしていて、今後ケアマネージャーを目指しているような方は特に挑戦したい資格と言えるでしょう。

経済