ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格


ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格

ケアマネージャーとは、介護支援専門員のことで、ケアプラン(介護サービス計画)の作成を行う専門職です。
2000年4月に開始された「介護保険制度」に基づき、要支援・要介護と認定された人たちのために、個々の状況に応じた介護サービスのプランを作っています。

ケアマネジャーの資格取得のためには、まず「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。
この試験に合格することができれば、ケアマネージャーの資格を取るための「介護支援専門員実務研修」を受けることができます。
この「実務研修」を修了するとケアマネージャーとして働くことができます。

ケアマネージャーの資格試験を受験するためには、定められた期間の実務経験が条件となっています。
これは、ケアマネージャーの仕事には福祉・医療・保健などの幅広い分野の豊富な知識や技術が非常に重要だからです。

介護支援専門員実務研修受講試験を受験するには、福祉や医療などの資格(介護福祉士や、医師、看護師など)を持ち、実務経験が5年以上あるか、または介護サービス業や老人福祉施設などで介護に関する仕事の経験が5年から10年以上あることが必要です。

この施設などでの介護に関する仕事の経験について、具体的に説明すると、介護や障害者施設等での「相談援助業務」の場合は5年かつ通算900日以上、訪問介護など「介護等の業務」の場合は10年かつ1800日以上の実務経験があれば受験資格を満たすことになります。

また、資格がある方もそうでない方も共通で、受験の申し込みの時に、「実務経験証明書」か、または「実務経験見込証明書」(申込日から3カ月以内に勤務先が発行したもの)が必要です。

経済