ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > ホームヘルパーの資格


ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーの資格には、1級・2級・3級の階級があります。
1級を取得するためには、実務経験が必要となります。この実務経験は原則的に1年以上が条件です。

ホームヘルパーの資格は免許制を取っておらず、資格試験もありません。
その代わり、養成研修を受講することになっています。
ホームヘルパー資格取得のための講座で、厚生労働省教育訓練給付制度の対象講座では、
①通信教育②実技スクーリング
③実習
の3段階で、効率よい学習ができます。

資格取得のための学習内容は、3級では「生活援助」とよばれる分野で、2級では、それ以外の介護する上で必要な基礎技能全般を勉強します。

ホームヘルパーの資格は、1~3級がありますが、現在の介護保険の制度のもとでは、2級以上の取得者があらゆる介護業務にあたることができます。
また介護保険が適用されるサービスを実施するためには、養成研修を修了していることが必要ですので、会社や事業所などの求人は、ホームヘルパー2級以上の取得を条件として挙げているところが多いのです。

実際に仕事をする現場でも、ホームヘルパー2級以上を持っている方がほとんどです。
就職のために資格を取るなら、2級以上の取得が必要でしょう。

経済