ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 介護福祉関係の資格


介護福祉関係の資格

現在では、少子高齢化などの社会の変化に伴って、介護福祉関係の資格に注目が集まってきました。
介護福祉関係の資格は、社会のニーズに合わせて多岐にわたっており、資格取得の方法もその資格によって様々です。
ここでは、人気がある介護福祉関係の資格について、簡単に紹介します。

【ホームヘルパー】
1級から3級まであり、資格試験はなく、養成講座を受講することで取得できます。ただし1級のみ実務経験が必要となります。
ホームヘルパーは、日常生活を送る上で、サポートが必要な高齢者や障害者などの介護を行う仕事です。
具体的には、食事や着替え、また入浴や排泄などの日常生活の介助、さらに調理や洗濯、掃除などの家事の援助などを行います。
また、利用者本人や家族の相談に乗るなど、精神的な支えになることも求められます。

【介護福祉士】
介護福祉士の国家試験は、ホームヘルパーなどの介護の実務経験が3年以上あることが受験の条件になっています。
また介護福祉士の専門学校を卒業すれば資格を取ることもできます。
介護福祉士の仕事は、ホームヘルパーと同じく、介護が必要な方にサービスを提供するものですが、より高度な知識を持ち、現場の責任者としてホームヘルパーなどに介護方法について指導をすることができます。
今後、ケアマネージャーになりたいと考えている方にとっては、取っておくとよい資格と言えるでしょう。

【ケアマネージャー】
ケアマネージャーと言う名称が現在では一般的になっているようですが、正式な名称は介護支援専門員です。
医療や介護などの資格があり、5年以上の実務経験があるか、介護関係の実務経験が10年以上ある方が「介護支援専門員実務研修受講試験」を受験することができ、その合格後、研修を受講して取得する資格です。
ケアマネーシャーは、介護を必要としている人の状況を把握し、適切な介護が受けられるようケアプランを作成するのが仕事です。
その後、プランどおりに進んでいるかを確認したり、介護の提供者との調整を行ったりします。
また介護利用者の状況の変化に対応して、ケアプランの修正を行うのも大切な仕事の一つです。

経済