ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 日本語教師という職業


日本語教師という職業

あまり耳慣れないかも知れませんが、日本語教師という職業があります。日本語教師とは、留学生などの、日本語が母国語ではない人たちに対して、日本語を教える仕事です。
日本国内だけでなく、外国に住んで、現地の人々に日本語を教える場合もあります。

この日本語教師になるためには、国家資格などの公的な資格はありません。
日本語教師になるために、必ず合格しなければならない試験や、特別な資格は特に定められているわけではないのです。

ただし、実際に日本語教師として働く際に、日本語が話せれば誰でもなれるというわけではないようです。
日本語学校などでは応募の条件として、有資格者と謳っているところがほとんどです。

公的な資格がないのに有資格者というのはちょっと不思議かもしれません。
この場合の日本語教師の有資格者は、次の3つの条件の中で、一つでも当てはまるものがある人のことです。

(1)大学に設置されている日本語教育を専攻(主専攻でも副専攻でも良い)して修了した人

(2)(財)日本国際教育協会が行う日本語教育能力検定に合格した人

(3)日本語教師養成講座を420時間修了した人

ちなみに(2)の日本語教育能力検定の合格率は、20%程度のようです。
就職の面を考えると、やはりある程度の資格を持っている方が有利であることは間違いなさそうです。

経済