ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > インテリアコーディネーターの資格試験


インテリアコーディネーターの資格試験

インテリアに対する関心が高まりと共に、インテリアコーディネーターの需要も増加傾向にあります。
インテリアコーディネーターの仕事は、家具のデザインから室内のレイアウト、家屋や店舗のデザインまで幅広い分野にまたがるものです。

現代は、暮らしや住まいなどの自分のライフスタイルを大切にする人が増えてきました。
そのような個々の要望に応えて、住空間に関する提案をしていくのがインテリアコーディネーターです。

最近の傾向としては、新築物件だけでなく、リフォームの仕事が増えてきているようです。
また、室内のデザインだけでなく、家具のデザインや店舗の設計を行うこともあり、今後のインテリアコーディネーターの仕事の幅はますます広がっていくと見ていいでしょう。

インテリアコーディネーターの資格試験には、特別な実務経験などの受験資格は必要ありません。
まったく別の業界からの転職も可能なのです。

資格試験の内容は、1次試験がマークシート方式の筆記試験で、インテリアコーディネーターに必要な基礎知識を問うもの、この1次試験に合格すると論文や製図などの2次試験を受験することができます。
合格率は例年20%くらいで、誰でも合格と言うわけではありませんが各種資格の中では最難関ではないでしょう。

インテリアコーディネーターは、今までは女性に人気があり、女性向けと言われていた職業ですが、最近は男性のインテリアコーディネーターも珍しい存在ではなくなっています。
また、自分のセンスや生活の経験を活かして、主婦の方がインテリアコーディネーターを目指すケースも増えています。

経済