ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > 保育士の資格


保育士の資格

今、保育士の資格に人気が集まっています。
少子化が叫ばれる中で保育士の資格が人気だなんて、驚くかもしれません。
これは、女性の社会進出が進み、共働きというスタイルを選択する夫婦が増えているため、両親が仕事をしている間子供の世話をする保育士が注目されているのです。

現在の日本では、保育園に預けたくても定員一杯で、空きを待っている子供たちも多くいます。
今後ますます女性の社会進出が進めば、保育士のニーズもより高まってくるでしょう。

また、一昔前には、保育士は保母さんと呼ばれ、女性が就く仕事というイメージがあったのですが、最近では、多くの男性の保育士が保育現場で活躍しています。

保育士の資格は、保護者が仕事をしたりしてやむを得ない事情で保育できない場合、保護者に代わって乳幼児を保育するための専門的な知識を有する資格のことです。
保育士は、厚生労働省の管轄の下、児童福祉法に従って保育を行います。

この保育士の資格を取るためには、二通りの方法があります。
一つは、保育の勉強ができる大学や短大・専門学校(厚生労働大臣が指定したもの)を卒業する方法で、この場合、必要単位を取得して卒業すれば保育士の資格も取得することができます。
二つ目は保育士試験を受験して合格するという方法です。

保育士の資格を取るための試験は、マークシート方式の学科試験と、音楽や絵画などの実技試験があります。
筆記試験は全部で8科目あり、ちょっと大変かもしれませんが、一度に全科目合格する必要はなく、3年以内に8科目の合格をそろえればいいことになっています。

保育士の資格についてもっと知りたい方は、インターネットので調べると、保育士の仕事内容や保育士の資格試験の内容などをまとめたサイトなどもありますので、簡単に確認することができます。

経済