ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > ファイナンシャルプランナー(FP)の資格


ファイナンシャルプランナー(FP)の資格

ファイナンシャルプランナーとは、FP(エフピー)とも呼ばれ、顧客個人の資産の運用など、金融関連の相談に対してあらゆるアドバイスをする仕事です。
顧客から、収入や資産、家族構成などの個人情報を提供してもらい、住居や教育、また老後など将来のライフプランを立て、その情報を基にライフプランに合った資金計画の相談に対応します。

このファイナンシャルプランナーの資格は、2002年に「FP技能士」という国家資格が厚生労働省により生まれました。
それまでは民間資格としてあったAFP・CFPなどが主流でした。

またファイナンシャルプランナーの資格は、資格を持つ人だけが名乗ることができる独占資格です。
業務を行うのに必ず資格が必要な、医師や弁護士などのような業務独占資格ではないので、「FP技能士」と名乗ることさえしなければ、資格を持たないで営業しても違法にあたることにはなりません。

ファイナンシャルプランナーの資格には3種あり、1~3級に分かれています。3級FP技能士の試験は、特に受験資格などはなく、1月と9月の年に2回実施されています。

2級FP技能士を受験するには、次に挙げる条件の中から一つをクリアする必要があります。
3級FP技能士の有資格者である・2年以上のFP実務経験がある・金融渉外技能審査の3級に合格した人・AFP認定研修を修了した人、がその条件です。

この他に2級FP技能士を受験する方法は、日本FP協会による認定研修を修了して、提案書を作成することです。
この提案書が基準点を上回れば受験可能です。

1級FP技能士は、実技試験の科目が機関で異なり、認定の内容も違ってきます。
「資産設計提案業務」は日本FP協会による認定、「資産相談業務」は金融財政事情研究会(社団法人)による認定が行われています。

現在の社会情勢を考えると、今後ますます自分で自分の資産を守らなければならない時代が来るでしょう。
それにつれてファイナンシャルプランナーの必要性も高まるのは確実と思われます。

経済