ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ >  人気の資格一覧  > CAD(キャド)に関する資格試験


CAD(キャド)に関する資格試験

CAD(キャド)とは、コンピューターを使った設計や製図のシステム、またはその装置を使って図面を作成すること自体を言います。
Computer Aided Designを略したものです。
このCADに関する資格試験がいくつかありますので、それらのうちいくつかを紹介しようと思います。

まず、CAD利用技術者試験は、就職や転職の際有利な資格と言われており、二万人以上が受験している人気の民間資格です。
1級と2級に分かれており、資格試験は年2回、6月と11月に行われています。

2級は、主にCADの基礎知識を測るもので、基本的には製図業務に携わっている人が対象です。
合格ラインは総合で8割以上正解することが必要です。

1級は、CADを使用した実務の経験が一年以上ある人を想定した試験です。
1級の有資格者は、CADシステムの高度な知識や技術を持ち、指導的役割を担うことになります。
建築系か機械系かのどちらかを選択して受験することになります。

次に、CADトレース技能審査という資格があります。
受験資格は実務経験があることです。
この資格は厚生労働大臣認定の公的資格で、実施は各都道府県の職業能力開発協会によるものです。

建築部門と機械部門に分かれており、それぞれの部門で初級・中級・上級の三つのレベルがあります。
試験は、年2回、2月と9月に行われますが、レベルごとに受験資格がありますので、受験前に必ず確認しておくことをお勧めします。

もう一つ、建築CAD検定試験は、民間資格で、全国建築CAD連盟が実施しています。
准1級~4級があり、建築図面を作成する実技試験が行われます。

試験は、CADを教育している資格認定校で受験する団体受験と、一般受験があります。
一般受験は、全国の各会場で4月と10月の年2回実施されています。
団体受験は、4月、7月、10月、1月の年4回実施されています。

経済