ようこそ! 「資格取得の勉強法と通信講座の基礎知識」へ
ポータルトップ  > 人気の資格一覧


人気の資格一覧

資格と言っても今は様々なものがあります。当然、どんな仕事に就きたいか、何にいかしたいかによりますが、たくさんある資格の中で人気の資格を紹介していきます。しっかりあなたの目標を決めて資格を取得しましょう。

CAD(キャド)に関する資格試験

CAD(キャド)とは、コンピューターを使った設計や製図のシステム、またはその装置を使って図面を作成すること自体を言います。Computer Aided Designを略したものです。このCADに関する資格試験がいくつかありますので、それらのうちいくつかを紹介しようと思います。 まず、CAD利用技術者試験は、就職や転職の際有利な資格と言われており、二万人以上が受験している人気の民間資格です。1級と2...

初級システムアドミニストレーターの資格

初級システムアドミニストレーターは、略して「初級シスアド」や「シスアド」などと呼ばれ、パソコンの操作方法や活用法など、ユーザーのためになるシステム化を実施する仕事を行う資格です。 最近、企業内では、情報関係の部門のみならず、さまざまな部門で情報システム化が推進されています。システムを利用する範囲が大きくなったために、システムの運用・管理をシステム系の部署だけでなくシステムの利用者でも実施しなければ...

パソコン系の資格試験

最近では、ほとんどの業種でパソコンを使って仕事をするようになりました。それに伴ってパソコンのスキルや知識に関する資格も増えてきています。 そのようなパソコンについての知識やスキルを測る資格がある場合とない場合では、就職や転職、また社内での昇進などの際に差が出ることも考えられます。ビジネス上では大変有利な資格と言えるでしょう。ここでは、パソコン系の資格試験について紹介したいと思います。 まず、Mac...

心理カウンセラーの資格

このごろ、家庭で、学校で、また職場などで、様々な問題に悩む方が増えてきました。ストレスの多い社会生活の中で、心理カウンセラーなどの資格のニーズは高まっていると思われます。 心理カウンセラーの資格を取ろうと考えている方は、幅広い分野にわたる心理学やカウンセリングの資格の中から、どの資格を取得するか、どのような就職先があるかなどをあらかじめ考えておくことをお勧めします。 心理関係の分野は、大きく分ける...

証券外務員という資格

あまり聞き慣れないかもしれませんが、証券外務員という資格があります。この証券外務員の仕事は、金融商品取引業者等(金融機関など)において、金融商品取引業務を行うことです。また顧客に対して的確な情報サービスを提供し、アドバイスを行います。 証券外務員は、金融商品取引法によって、金融商品取引業者等に入社後、氏名等を金融庁に登録することが義務付けられており、この登録を怠れば、外務員として業務を行うことはで...

旅行業務取扱管理者の資格試験

旅行業務取扱管理者(旅行業務取扱主任者)とは、旅行業法により定められた旅行業者、また旅行業者代理業者の営業所においての顧客に対しての旅行取引の責任者を言います。以前は「旅行業務取扱主任者」と呼ばれていましたが、2005年4月に旅行業法が改正され、現在の名称になりました。 旅行業法では、旅行業者あるいは旅行業者代理業者は、営業所ごとに旅行業務取扱管理者(旅行業務取扱主任者)を設置するよう定められてい...

宅地建物取引主任者の資格

通称「宅建」と呼ばれている宅地建物取引主任者資格は、今も人気がある資格です。この宅地建物取引主任者の資格は、国家資格で、宅地建物取引業者(不動産取扱会社)の顧客に対し、宅地や建物等に関する、売買・交換・貸借の契約成立のために、これに関連する重要事項についての説明等を行うための資格です。 宅地建物取引主任者の具体的な仕事は、大きなものは3つあり、この3つについては宅地建物取引主任者の資格を持たなけれ...

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格

ファイナンシャルプランナーとは、FP(エフピー)とも呼ばれ、顧客個人の資産の運用など、金融関連の相談に対してあらゆるアドバイスをする仕事です。顧客から、収入や資産、家族構成などの個人情報を提供してもらい、住居や教育、また老後など将来のライフプランを立て、その情報を基にライフプランに合った資金計画の相談に対応します。 このファイナンシャルプランナーの資格は、2002年に「FP技能士」という国家資格が...

ビジネス系の資格を取得してスキルアップ

ビジネス系の資格試験には、超難関と言われる国家試験から、民間が行っている資格の試験まで、あらゆるものがあります。中には取得しても実際にはあまり効力を持たないようなものもあります。 ビジネス関係の資格を取得することによって、今の仕事についてより詳しく、深い知識が得られたり、資格を取得する努力ができる人物だとして、会社での評価が上がることもあるのです。 ビジネスマンがスキルを証明するために取得する資格...

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは、ケースワーカー(福祉事務所の現業員)の任用資格(任用される場合必要な資格)です。この社会福祉主事任用資格は、社会福祉の一定の知識を持つ証として、社会福祉施設職員などの資格の基準に用いられたり、求人の際に、社会福祉主事任用資格取得が条件に挙げられることも増えてきました。 社会福祉主事任用資格取得にはいくつかの方法があります。一つ目は、厚生労働省指定の社会福祉主事養成校を卒業...

介護福祉士の資格

介護サービス提供の現場で責任者になれる資格には、介護福祉士とホームヘルパー1級があります。このうち介護福祉士は、より高い知識や技術を学習し、年1回実施される試験に合格して取得する資格です。介護福祉士資格は国が認定し、登録もしており、その活動内容は法律により決められています。 この介護福祉士は、障害者や高齢者などの、日常的に介護が不可欠な人のために、専門知識や技術を使って身の回りのサポートを行うのが...

ケアマネージャー(介護支援専門員)の合格率と将来性

社会の高齢化が進んでいる今、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格取得は大きな注目を浴びています。この介護支援専門員は、現場に即応した技術や経験が重視される資格で、その点は厳しい受験資格(一定の法定資格を持っているか、介護関係業務の一定年数以上の実務経験が必要)にも表れていると言えます。 そのように、介護支援専門員資格は学校を卒業後、すぐに取れるような簡単なものではありませんが、今後の社会の動き...

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格

ケアマネージャーとは、介護支援専門員のことで、ケアプラン(介護サービス計画)の作成を行う専門職です。 2000年4月に開始された「介護保険制度」に基づき、要支援・要介護と認定された人たちのために、個々の状況に応じた介護サービスのプランを作っています。 ケアマネジャーの資格取得のためには、まず「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。この試験に合格することができれば、ケアマネージャ...

ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーの資格には、1級・2級・3級の階級があります。1級を取得するためには、実務経験が必要となります。この実務経験は原則的に1年以上が条件です。 ホームヘルパーの資格は免許制を取っておらず、資格試験もありません。その代わり、養成研修を受講することになっています。ホームヘルパー資格取得のための講座で、厚生労働省教育訓練給付制度の対象講座では、①通信教育②実技スクーリング③実習の3段階で、効率...

介護福祉関係の資格

現在では、少子高齢化などの社会の変化に伴って、介護福祉関係の資格に注目が集まってきました。介護福祉関係の資格は、社会のニーズに合わせて多岐にわたっており、資格取得の方法もその資格によって様々です。ここでは、人気がある介護福祉関係の資格について、簡単に紹介します。 【ホームヘルパー】 1級から3級まであり、資格試験はなく、養成講座を受講することで取得できます。ただし1級のみ実務経験が必要となります。...

日本語教師という職業

あまり耳慣れないかも知れませんが、日本語教師という職業があります。日本語教師とは、留学生などの、日本語が母国語ではない人たちに対して、日本語を教える仕事です。日本国内だけでなく、外国に住んで、現地の人々に日本語を教える場合もあります。 この日本語教師になるためには、国家資格などの公的な資格はありません。日本語教師になるために、必ず合格しなければならない試験や、特別な資格は特に定められているわけでは...

インテリアコーディネーターの資格試験

インテリアに対する関心が高まりと共に、インテリアコーディネーターの需要も増加傾向にあります。インテリアコーディネーターの仕事は、家具のデザインから室内のレイアウト、家屋や店舗のデザインまで幅広い分野にまたがるものです。 現代は、暮らしや住まいなどの自分のライフスタイルを大切にする人が増えてきました。そのような個々の要望に応えて、住空間に関する提案をしていくのがインテリアコーディネーターです。 最近...

保育士の資格

今、保育士の資格に人気が集まっています。少子化が叫ばれる中で保育士の資格が人気だなんて、驚くかもしれません。これは、女性の社会進出が進み、共働きというスタイルを選択する夫婦が増えているため、両親が仕事をしている間子供の世話をする保育士が注目されているのです。 現在の日本では、保育園に預けたくても定員一杯で、空きを待っている子供たちも多くいます。今後ますます女性の社会進出が進めば、保育士のニーズもよ...
経済